蓄光とは
白色蛍光灯・白色系LEDライト・太陽光など光のエネルギーを吸収し、暗所で放出します。蓄光は光を一旦蓄えると自ら発光するため電源は不要です。蓄えた光は徐々に放出されますが、また光が当たれば蓄光を繰り返します。

蓄光のメリット

蓄光/反射/蛍光の違い



水性蓄光塗料 ルミアルファコート


製品特長
・世界最高水準の輝度。最大12時間の残光能力を発揮します。
・蓄光と蛍光の特長を併せ持つ今までにない塗料です。
・複雑な構造物や凸凹のある被塗物など、今まで諦めていた所も光ります。
・屋外で長期間使用を目的に開発された耐水性蓄光顔料を使用しています。
・水性1液なので、取り扱いが簡単で安全です。

蓄光と蛍光
蛍光:光に反応することで、明かりのある場所で鮮やかに見えます。
蓄光:蓄えた光エネルギーを放出し自発光するため、暗闇で光って見えます。


明るい場所(上)と暗い場所(下)での色の見え方
左から:イエロー/レッド/オレンジ/ホワイト/NC・無着色

品番・用途
品番:LA500
用途:各種石材、コンクリート、木部、各種金属(鉄、アルミ、ステンレス、亜鉛鋼板等)、各種プラスチック製品(発砲スチロール、硬質塩ビ、アクリル、ポリカーボネート、ABS、FRP等)※PP、PEには適しません。

品番:LA530
用途:布、皮革製品

・塗布面が白地でない場合、輝度が低下する恐れがあります。
・下地が黒い場合は、白色のプライマー等を塗布するすることをお薦め致します。

輝度・JIS規格(屋内用)


条件:200lxで照射して励起時間20分(JIS Z 9107準拠)
単位:mcd/㎡

区分
20分後
60分後
ルミアルファコート該当品番
JDクラス(最上級)
200以上
60以上
LA500_NC、LA530_NC
JCクラス
100以上
30以上
LA500_C、LA530_C
JBクラス
50以上
15以上
JAクラス
24以上
7以上

※NC:無着色(薄黄緑色)、C:カラー(イエロー、レッド、オレンジ、ホワイト)
※発光色はいずれもグリーン


輝度・JIS規格(屋外用)


条件:400μw/㎡で60分照射(JIS Z 9098準拠)
単位:mcd/㎡

区分
720分後
ルミアルファコート該当品番
屋外Ⅱ類
10以上
屋外Ⅰ類
3以上/10未満
LA500_NC、LA530_NC

※NC:無着色(薄黄緑色)
※発光色はいずれもグリーン



輝度と人間の視認感覚
「明るさ」や「暗さ」は感覚であり個人差はありますが、暗闇で目視確認できるのは3mcd/㎡以上と考えます。

光源による励起時間の目安


光源の種類
明るさ(lx)
励起時間
太陽光晴天
50,000以上
約4分
太陽光曇天
3,000~5,000
約5分
日没直後
1,000
約10分
蛍光灯:オフィス
500
約15分
LED電球
400
約18分
白熱灯※60W×高さ1m
30〜50
約40分


耐水性蓄光顔料と一般的な蓄光顔料との比較
従来の蓄光顔料は水に弱く、わずかな時間の浸水でも化学変化し、発光しなくなるという弱点がありました。ルミアルファコートに使われている蓄光顔料は長時間の浸水でも化学変化を起こさないのが特長です。

発明名称:水系蓄光塗料として特許取得済み
特許 第6712710号


TOPICS


製品ラインナップ

品 番
LA500、LA530
色 名
イエロー、レッド、オレンジ、ホワイト、無着色
荷 姿
1kg

ネットショップ


カタログのダウンロードはこちら

(※)仕様につきましては、予告なく変更する場合があります。


カタログ

LA500_施工要領書

LA530_洗濯・干すときの注意点

LA530_試験成績表


Youtube

  • 水性蓄光蛍光塗料ルミアルファコートLA530のご紹介。
  • 手貼りラミネートフィルムを使ってオリジナル蓄光Tシャツを作ってみました。(LA530)
  • シルクスクリーンプリントでオリジナルTシャツを作成した時の塗布量について調べてみました。(LA530)
  • シルクスクリーンプリントの際、乾燥遅延剤を使ってどこまで作業時間を延ばせるか調べてみました。(拭き取りなし)(LA530)